5Gが超ヤバイなら

5Gが超ヤバイなら

こんにちは!

イモムシカアチャンです!

「5Gが超ヤバイ」という動画を見て、ビビってしまいました。

そうかといって、どうすることもできませんし、食べ物と一緒ですね、気を付けられることは気を付けましょうという気持ちに今は落ち着いています。

5Gというのは、5世代移動通信システムのことで、ダウンロードに数分かかっていたものが数秒でできちゃうほどの通信スピード。

ベルギー・イタリア・スイスなどでは、健康面への影響を懸念して、使用を停止しました。日本は電磁波の規制も緩々で、「5Gが超ヤバイ」という動画を見ていると、食品の問題と似たり寄ったりだなぁという気持ちになりました。

当然、「5Gが超ヤバイ」という意見もあれば、5Gは超ベンリという意見もあるということです。

それでも、健康面への影響を懸念して「5Gが超ヤバイ」というその内容は、いろいろな人の意見を見たり読んだりしておいても損はないと思います。

その上で、さっそく「寝るときは枕元に通信機器を置かない」「機内モードにする」「電子レンジの使用回数を減らす」など、気を付けるようにしました。

電子レンジはとても便利なので、まったく使わない生活に突然変えるのは、ちょっと無理があるので使用回数を減らす努力をすることにしました。

以前、知人からたくさんいただいたWECKの瓶は、作り置きおかずを保存するために使っていますが、脱気をして長期保存できる瓶なので、当然熱にとても強い瓶です。

WECKの瓶に保存したおかずを温めなおすとき、瓶のまま湯せんすることもできますし、蒸し器でも問題ありません。(冷たいまま、熱湯に入れると割れてしまうので、気を付けなくてはなりませんが。)

ストーブをまだ朝と晩につけているので、今は電子レンジをほとんど使わずに済んでいます。

薬には副作用があるように、便利なものにもリスクはあるのが当然だと思っています。

リスクはゼロにはできませんが、回避できるものは回避したいですよね。

「5Gが超ヤバイ」という動画を見た後に、ちょうど「スーパーシティ構想」に関するニュースを読みました。

便利すぎることが調子よく並べられたスーパーシティ構想。不都合な点が見えてこないのがとても不安。

適切に個人情報を管理できるのか、個人情報が監視に使われないか、まったく曖昧なまま進んでいるようです。

そして、スーパーシティ構想は、5世代移動通信システム(5G)が支えるわけで。

新コロナウイルスにより、接触機会を減らす機運が高まり、デジタル社会を求めるようになっていくという触れ込みです。

デジタル社会完全否定派ではありませんのであしからず。

デジタルをほどほどに取り入れながらも、超アナログな「接触機会がそもそも少ない地域で生きていこう」という気持ちがさらに強くなりましたとさ。

今日も誰ともすれ違わず。

人工知能(AI)などを活用した最先端都市づくりをめざす「スーパーシティ構想」を盛り込んだ国家戦略特区法の改正案が国会で審議中だ。与党は来週中に成立させる日程を描くが、個人情報の管理や住民の合意のあり方などあいまいな点が残る。

https://www.asahi.com/articles/ASN5N6RSBN5NUTFK004.html

※報告ですが

えひめAI-2は、かなり気に入って使っています。

洗濯ものは、洗濯機の中でえひめAI-2につけおきしてから、洗剤を今までの半分にして洗っています。古い衣類の臭いも消え、快適です。

台所では、桶にえひめAI-2を入れてつけおきしてからスポンジで洗います。台所洗剤をほとんど使わなくなりました。(油ものは拭いてからつけおきしています)

界面活性剤が新コロナウイルスに効果があるという情報も見ましたが、界面活性剤が排水管の中をゲル化させて詰まらせてしまう事例もたくさん知っているので、できるだけえひめAI-2で洗い物をしたいと思っています。

トイレでは、毎晩タンクにえひめAI-2を少し入れています。タンク内がきれいになりますし、便器の汚れが気にならなくなりました。

お風呂や洗面所の排水管には、毎晩えひめAI-2を少し流しておきます。排水管をきれいにしたいからです。

浄化槽の効果、畑の効果はまだわかりません。わかりましたら報告します。

インスタグラム短歌・狂歌

ンスタグラム@imomushikaachanに投稿している短歌・狂歌です。31文字4500首を目指しています。デザイン画像はCANVAで作成しました。

31文字の縛りがあると感情をコントロールしやすいので、 せっせと書いています。

ここに載せたものは以前投稿したものです。インスタグラムではほとんど毎日投稿していますので、よろしかったら覗いてみてください。

短歌 素人が
短歌 踏み跡も
短歌 ウイルスは
短歌 心根が
短歌 この線は
短歌 窓開けて

それでは、おやすみなさい。

お知らせ!

野菜ボックスのことや野菜づくりのことは、「イモムシ農園ブログ」で更新しています!

ロゴ