2019年12月19日 タネと内臓・その5

2019年12月19日 タネと内臓・その5
2019年12月19日

こんにちは!

イモムシカアチャンです!

今日は12月19日(木)曇り。お日様が一日中隠れていました。こんな日はちゃこはずっとストーブの前にいます。そして、ミミはゲージの中で丸まっています。ママとハクはずっと猫団子状態です。

カアチャンは、ストーブの上でカレーを作りました。友人からもらったギャバンのカレー粉でルーから手作りしました。慣れるととても簡単に出来上がります。夜はカレーライスでした。

12月18日(水)は、トオチャン工房に発注した土間の棚 第2弾のために、廃材を使える状態にしていました。床板をはがしたものなので、そのままでは使えません。

金物を抜いたり、ボンドを削いだり、欠けているところを磨いたり…。1枚1枚きれいに仕上げて、並べれば天板になるようにしています。

素材は花梨なので、きれいに並べて磨いて亜麻仁油を塗り込みまた磨けば、頑丈な天板になるんじゃないかと思っています。

先日、Jリーグの入れ替え戦を見ながら、「薪割りもスキーも釣りも億劫になってきたら、Jリーグの試合を車中泊しながら観戦したり、景勝地を観て回ったりするのもいいなぁ、でもワゴン車だといつも殿上が低いからしんどいよね、大きなキャンピングカーの中古ってどれくらいするんだろうねぇ」なんて話をした後、京都新聞の記事を見ました。

仁和寺の門前前に、ドーミーインを展開する共立メンテナンスが、5800㎡で72室の高級ホテルを計画しているみたいです。

仁和寺は、御室桜(おむろさくら)が有名で、花見の季節にはそれはそれは見事な桜が咲くそうです。景勝地…。

また、桜かいっ!て思いました。

桜はやっぱり下から見たいなぁ。

桜は、上から見る派ですか?下から見る派ですか?どっちが多いだろう?

徒然草の仁和寺の法師の話は、権威あるものが陥りやすい失敗例の話。

なぜ仁和寺の法師は初めて行った石清水八幡宮の道案内を頼まなかったのか。頼めなかったのか。

自分の無知を自覚できない、指摘されたくない、他人の話は聞きたくない、聞こえない。

桜の周りには、最近、そんな話ばっかり。興覚めだなぁ。

今日の本「タネと内臓」

さて今日は、吉田太郎「タネと内臓」です。

12月も、有機農業がテーマなのだ。

本にはこんなことが書いてあったよ。
ただ読むだけだと頭に入らないおバカさんなんです。
まとめながら読んでいます。

まとめたところは、わかりやすくグレーにします。

〇ミネラル重視の食で健康を守る(ブラジル)

『サピエンス前史(ユヴァル・ノア・ハラリ)』に「人間の歴史、性質、心理を理解するには、狩猟採集民のことをしらなければならない。農耕や家畜を飼育し始めたのは一万年にすぎず、狩猟採集民であった時間と比較すれば、ほんの一瞬にすぎない。ヒトの脳や心はいまだに狩猟採集生活に適応している」と書いてある。

狩猟採集時代は、木の実や魚を中心にカロリーの75%が脂質、20%がタンパク質から得られ、炭水化物は5%であったとされる。現代の食事ガイドラインでは、カロリーの60%を炭水化物、残りの20%ずつを脂質とタンパク質から得ることが推奨されている。

イギリスの人間栄養学の代表的なテキスト『ヒューマン・ニュートリション』には「人類の消化管は炭水化物を日常的に摂取するのに適応していない。とりわけ、精製された炭水化物による血糖値の急激な上昇やインスリンの分泌が様々な病気の元凶となっている」と書かれている。

高タンパク、高脂肪、低糖質の食事の方が健康上は望ましいはずだ。

ブラジルでは、1970年代中頃には肥満者が男性は3%以下、女性は8%以下だったのが、現在では成人の18%が肥満で、慢性病や糖尿病のように食と関連した病気が激増している。

サンパウロ公衆医科大学の教授は食生活を何年もかけて解析し、インスタント麺、ソーセージ、パンやクッキー等のシリアル製品、ソーダの消費量が激増していることを突き止めた。パーム油やコーンシロップ、人工甘味料から製造される「超加工食品」が肥満の原因だと指摘する。

問題は、超加工食品の原材料となる農産物は、家族農業が生産する農産物ではなく、企業型農業が生産するトウモロコシやダイズから作られていることにもあり、農薬や遺伝子組み換え作物にも関係していることにある。

さらに、問題は、超加工食品は、欲望を刺激するよう工夫がこらされているため、麻薬のように伝統的な家庭料理を阻み、健康を害するだけでなく、ローカル経済や地域環境、豊かな郷土食の伝統さえも破壊してしまうことにある。

こうした状況への反動がラテンアメリカでは起きている。2014年にソーダとジャンクフードに対する課税を法制度化したのはメキシコだ。チリもソーダに課税し、エクアドルは不健康な食品に内容表示を義務づけ、チリとペルーでは不健康な食品の広告を削減する法律を可決した。

ブラジルは憲法に、食料への権利を位置づけ、保険証は食事ガイドラインを2014年に制定した。健康的な食事を「社会的・環境的に持続可能なフードシステムに由来するもの」と定義し、持続可能な家族農業がモノカルチャー型の機械化大規模農場に置き換えられることを警告した。

ブラジルの国家食料栄養保障協議会の前長官マリア・エミリア氏は、「市場主義の支持者たちは、栄養学の立場から食べ物を医療の対象にしようとしている」「ブラジルでは広範な市民たちの声を反映させることで、健康的であたりまえの食べ物に対する食料主権や人権が公式見解として食料保障や栄養保障に含まれることになった」と述べている。

食料「安全」保障ではなく、食料「栄養」保障という言葉を使っていることに留意したい。地域ごとに食べ物には違いがあり、日々の食べ物の選択は生物多様性にも影響を及ぼすと指摘している。超加工食品が健康や社会や環境にどれほどダメージを及ぼすのかを詳しく説明するが、例えば、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の違いを説明する必要はないとする。

食事ガイドラインは、料理を苦役ではなく、家族と友人とが楽しむための時間と枠組みだとし、料理をして食事をわかちあうことの喜びを重視し、食べ物と環境とのつながりを直視できるようにする。超加工食品をほとんど食べていない人たちの食習慣からサンプルとなる料理事例を創作し、ありきたりな料理を紹介する。ヘルシーな食事は、なじみの薄いものではなく、ありきたりの物であり、当たり前の食事になるよう導く。

ブラジルには世界で最高の食事ガイドラインがある。政府と市民側の協議組織として作られ、草の根のコミュニティで議論を重ね、ボトムアップで作り上げられたものなのである。

食事ガイドラインには法的拘束力はないが、法的根拠を持つ政策決定の基礎を築いている。ブラジルの食料栄養政策は、アグロエコロジーと直接的に関連している。

デ・ソウザ農業大臣は「食にアクセスできることは基本的な人権である。食の質、栄養価を抜きにして、ただ量的に増産するだけでは健康や生命を効果的に守ることはできない」「化学農薬や遺伝子組み換え種子が使われているからだ。病気や死につながるのではなく、健康やいのちを育むことにつながる有益な食べ物を必要としている」「農薬や遺伝子組み換え食品、遺伝子組み換え種子を使わずに、持続可能なアグロエコロジー農業を進める必要性は明白である」「家族農業プランを実施し、ローカルな種子、在来種、伝統的な種子を守り、その生産を支援する」と主張している。

土壌と微生物の専門家アクタヴィア・ホップウッド氏の言葉「人口が増える中、量を確保する必要性に迫られて、食べ物の質が犠牲にされてきた。ごく少数の必須元素だけを与えれば、植物の生長は促進される。育つ作物も見かけは大きい。けれども、健康や活力に寄与するミネラルを大幅に欠いている」「生命の繁栄は、ミネラルを豊富に含む食べ物、土壌微生物が豊かな健全な土で育てられた食べ物を食べることによってのみ達成される」

👩‍🌾今日の気づき、学び、ぼやきetc.

ブラジルは、飢餓と貧困の問題解決を食料栄養政策と連動して取り組み、2014年には国連の飢餓マップから脱却できているとも書いてありました。

連邦学校給食プログラム政策で、学校給食資金の70%を自然な食材か高度に加工されていない基本食材に支出されなければならないと法律に定め、2009年には、連邦学校給食資金の30%を家族農家が生産した農産物に支出すべきとの法律を可決したそうです。

その結果、低収入のために都市部へ出稼ぎに出ていた農民たちが農村に戻り、家族農業を再開。

ブラジルは、学校給食プログラムの根底に、本物の食べ物や食文化の尊重、家族農業に対する支援という原則を盛り込んだことで、栄養問題、飢餓・貧困問題、農地改革、環境問題への連動したアプローチを展開しようとしているのだとか。ボトムアップをしかけたブラジルの政策がしっかりと実るといいなぁと思いました。

桜の花は、一部の品種を除いて下向きに咲きます。 下から見上げるときれいな花びらが一枚一枚見えるので、花見は桜並木をちょっと見上げながら歩くのが好きです。

桜の花の塩漬け、桜湯、桜おにぎり、桜餅、桜あんぱん…日本には、桜にちなんだものはいっぱいありますね。

令和元年もあとわずか。令和の語源は梅花の宴でした。桜の宴だったら今頃大変になっていたかもしれませんね。

⭐️ I hope you have a happy day⭐️

冬ごもりの季節は、忙しくなること必須なので、日記を毎日書くのは難しくなるかもしれません。投稿しない日もあるかもしれませんが、心配なさらずに。

それでも、写真はインスタグラムに投稿できると思います。生存確認はインスタグラムでお願いします(笑)。

というわけで、今日もお付き合いありがとうございました!

それでは、おやすみなさい。

お知らせ!

野菜ボックスのことや野菜づくりのことは、「イモムシ農園ブログ」で更新しています!

ロゴ