土鍋でごはんを炊く

土鍋でごはんを炊く

こんにちは!

イモムシカアチャンです!

最近、フッ素加工のフライパンをやめて、鉄鍋のフライパンを使用するにしました。

続くかな?と心配でしたが、問題なし。

むしろ料理がおいしく感じられ、モリモリごはんを食べています。

そんな折、ふと炊飯ジャーの釜を洗っていたら、「あれ?これもフッ素加工?」と気づきました。

そうです。ここにもフッ素加工がありました。

しかも、炊飯と保温にかかる電気代もバカになりません。

炊飯ジャーと少しずつお別れしたいなぁと思うようになりました。

圧力鍋で炊いたごはん

以前、圧力鍋でごはんを炊いたことがあるのですが、やわらかくなりすぎて不評でした。

圧力鍋はとても短時間で調理ができるので便利です。

けれども、圧力鍋で炊いたごはんがおいしくないと思うなら、体が求めていないのですぐにやめました。

圧力鍋で炊いたごはんを、薬膳や食養生の考え方に照らしてみました。

陰陽で比較してみると、土鍋ごはんは『陰』で、圧力鍋ごはんは『陽』になります。炊飯ジャーはわかりませんでした。

体が圧力鍋で炊いたごはんをおいしくないと感じたのは、『陽』を求めていなかったからかもしれません。

圧力鍋で炊いたごはんは、ぎゅっともちっり引き締まっている状態で炊きあがります。土鍋で炊いたごはんは、ふんわりさらりと軽く炊きあがるといいます。

他にも、圧力鍋でごはんを炊くと、高圧すぎてお米の組織や栄養を壊してしまい、酸化させてしまうという話も聞いたことがあります。

土鍋でごはんを炊く

さっそく、土鍋でごはんを炊くように暮らしを変えてみました。

炊飯ジャーのように「予約」というのができないので、食べたい時間に合わせて、お米を研いだり、浸したりする時間を逆算しなくてはなりません。

当たり前のことなのに、忘れていました。

30分浸すという時間が、朝お弁当を作るときにネックになるなぁと思っていたのですが、クックパッドを見ていたら、「夜お米を研いだらタッパーでお米を浸しておけば大丈夫」というレシピがありました。

土鍋炊きのご飯、意外と簡単で早く、とにかく美味しいのです♪この炊き方で、失敗したことはありません。
cookpad.com

他にも、土鍋で炊くときは、強火にする必要はないという炊き方もありました。

カアチャンの土鍋は、小さいので2合が限界です。

土鍋にもよると思うので、いろいろ試してみて、一番おいしいと感じた炊き方を身につけたいですね。

土鍋でごはんを炊く場合は、強火にかける必要はなく、熱がじっくり伝わっていくのではじめから中火でOKです。 2〜3合を炊く場合は、中火にかけて10分ほどで沸騰をはじめると思います。この時、慣れないうちは土鍋の蓋をとって、沸騰しているかを目で確かめるとよいです。

沸騰した後は『弱火にして15分炊く』これが土鍋ご飯の基本の炊き方となります。熱を逃がさない土鍋だからこそ、弱火でも中はしっかり沸騰した状態を保ってくれるのです!

15分たったら蓋を開けてみて、水気の残り具合を確認します。ごはんの表面から水や大きな泡がブクブク出ているようならまだ水気を飛ばし足りていない状態です。弱火のまま水気がなくなるまで、追加で1〜2分ごとに確認しつつ火にかけてください。

水がなくなってくれば、土鍋に耳を近づけたとき小さく“パチパチ”という音が聞こえる鍋もあります。 音や目で水気が残っていないことを確認したら、一度火を中火に戻して10秒ほど加熱します(これは後の蒸らしのため。おこげを作りたいときは鍋によりますが20〜30秒ほど中火にかけることを一度お試しください)

後は火からおろして10分蒸らせば美味しい土鍋ご飯の完成です。蒸らし終えたら蓋をとって全体を混ぜ、余分な水分を飛ばします。 土鍋は他の鍋に比べて吸湿性にも優れているので、土鍋にご飯を入れておいてすごくべちゃつくということはありませんが、 蓋と土鍋の間に布巾をはさんでおくとよりよいです。

https://www.sirogohan.com/recipe/donabegohan/
土鍋ごはん

インスタグラム短歌・狂歌

インスタグラム@imomushikaachanに投稿している短歌・狂歌です。31文字4500首を目指しています。デザイン画像はCANVAで作成しました。

31文字の縛りがあると感情をコントロールしやすいので、 せっせと書いています。

ここに載せたものは以前投稿したものです。この頃はこんな気持ちで短歌を作っていたんだなぁと思うと、短歌って感情の記録なんだとつくづく思います。

濃厚な 短歌
街中華 短歌
やさしくない 短歌
伊勢の方 短歌
雨なのに 短歌
今までに 短歌

それでは、おやすみなさい。