ケンタ小屋に廃材だけで棚づくり

ケンタ小屋に廃材だけで棚づくり
2019年5月7日

こんにちは!

イモムシカアチャンです!

トオチャン工房に発注していた棚。ついに始まりました!
小屋に大きな棚を作って、いただいた太くて長い丸太や、たくさんある材木を整理できるようにしてほしかったのです。

いただいた太くて長い丸太は、もともとは村のお祭りのやぐらの材料。やぐらは新しいものに変更になったので、うちの小屋に運ばれてきました。
いらなくなったとはいえ、とても立派な構造材。薪にするにはもったいないので、トオチャンはそのうちまた何かを建てるのではないかと思います。

それまでの間、腐らないように、かといって場所塞ぎにならないようにしたいので、大きな棚を作ることになったというわけです。

小屋そのものが実は手作り

ケンタ材といって、山から切り出した丸太を製材するときに周りを切ったものを「ケンタ」と呼んでいます。地方によっていろいろな呼び名があるようです。写真の壁や筋交いに使っているものです。

丸太もいただいたもの。皮をきれいに剥ぐところからやりました。

小屋の東側に、大きな棚を作ります。

ケンタ小屋

丸太の芯をとって墨付け

便利な道具があるものです。
昔からの道具で、丸太の中心をとることができます。骨董品のようですね!

ケンタ小屋
ケンタ小屋
ケンタ小屋

柱を立てるところの場所を決めます

ケンタ小屋
ケンタ小屋

YouTubeで工程をアップロード中!

前編です。

カアチャンは疲れて昼寝中です。

棚づくり

それでは、おやすみなさい。

お知らせ!

野菜ボックスのことや野菜づくりのことは、「イモムシ農園ブログ」で更新しています!

ロゴ