#おどウイ(おどろきのウイルス学講義)

#おどウイ(おどろきのウイルス学講義)

こんにちは!

イモムシカアチャンです!

実は、ツイッターでは、イモ子、イモスタシア、カラミソスキーイモケルなどいろいろな名前で呼ばれています。

せっかくつけていただいた愛称なので、イモムシカアチャンの名前はイモ子ということでよろしくお願いします。

さて、#イモ子本を読む いうハッシュタグを作りました。

最近、この本がいいよ!と勧められることが多くなりました。

この本がいいよ!と勧めていただけるというのは、とても素敵なことだと思っています。

勧めてくださった方が、私にも読ませたい!と思ってくれたということですから。

だから、勧めていただいた本はできるだけ手に取るようにしています。

グリーンシーズンは、畑で体を動かしているせいか、本を読むとすぐに夢の中。

それでも何とか隙間時間に読んでいます。

感想は忘れないうちにその都度ツイートをしていますので、このような形でブログでまとめて読書記録としたいと思います。

今回は、「京大 おどろきのウイルス学講義 」。

新型コロナウイルスが昨年から流行し、ウイルスは怖いものという観念からなかなか抜け出せずにいました。

とにかく除菌除菌。

昨年、浄化槽があるときからすごく臭うようになりました。ハイターの使い過ぎで、浄化槽の菌が死滅してしまったのかもしれない!すぐにそう思いました。

分解できていない匂いだったのです。

その時、???と思いました。

悪さをする菌だけじゃないのに、すべてやっつけてしまっていいのかしら?

バランス崩れませんか?

たくさん、次亜塩素酸水も買いましたし、抗菌除菌グッズもスーパーで見かければ買いました。

今は、ほとんど使わずに納戸で眠っています。

手もガサガサになってしまったので、皮膚の免疫が下がっているのでは?逆効果なのでは?とすぐに気づいたからです。

これを機にハンドクリームも天然のものに変えました。

自然でないものに大きな違和感を感じました。

そんな体験をした上で、この本を読みましたので、とても理解が進みました。

私たちのDNAは、レトロウイルスと一緒に進化してきたんだなぁ。

ウイルスとの共存は、排除ではなくて、適度な距離感なのかも。そして、一番大切なことは、細胞、血液、免疫、体力、ストレスなど、自分を整えておくことだな、と思いました。

あ!次亜塩素酸水は、匂いがとれなくなったタッパーや水筒に注いで、シャカシャカ振ってしばらく置いておくと、匂いが消えてとても便利だと発見したので、今はそのように使っています(^_-)-☆

インスタグラム短歌・狂歌

インスタグラム@imomushikaachanに投稿している短歌・狂歌です。31文字4500首を目指しています。デザイン画像はCANVAで作成しました。

31文字の縛りがあると感情をコントロールしやすいので、 せっせと書いています。

ここに載せたものは以前投稿したものです。

前はこんな気持ちで31文字を作っていたんだなと思うと、短歌・狂歌というのは気持ちの記録になるんだなとつくづく思います。

最近のものはインスタグラムをフォローしていただければのぞけます。ぜひ。

あの山の 短歌
勝ち負けや 短歌
この道を 短歌
雪しぐれ 短歌
人類の 短歌
我々は 短歌

それでは、おやすみなさい。