#イモ子本を読む(整体入門)

#イモ子本を読む(整体入門)

こんにちは!

イモムシカアチャンです!

実は、ツイッターでは、イモ子、イモスタシア、カラミソスキーイモケルなどいろいろな名前で呼ばれています。

せっかくつけていただいた愛称なので、イモムシカアチャンの名前はイモ子ということでよろしくお願いします。

さて、#イモ子本を読む いうハッシュタグで本を読み終えたときにツイートしています。

最近、この本がいいよ!と勧められることが多くなりました。

この本がいいよ!と勧めていただけるというのは、とても素敵なことだと思っています。

今回は、「整体入門」。

私にはもともと、自分でも他人でも、調子が悪そうなところに手を当てたくなる衝動があります。手がいっちゃう。野口春哉という方の「愉気」にとても興味を持ちました。

「愉気」のことを教えてくれた方に感謝申し上げます。

そして、この整体入門を読んでいくと、コロナに限らず、菌やウイルスとの付き合い方について考えさせられます。

人間、弱くなっているなぁと思ったり。

そして、自分で治すという感覚も鈍っているかも…。

誰かが何とかしてくれる…そういう考えは手放さなくてはと思いました。

そして、一番大切なのは、自分を信じること。自分を大切にすること。愉快な気持ちでいること。

「愉気」とは、野口整体において、掌(てのひら)から「気」を集注(集め注ぐ)ことにより、体に内蔵されている本能的な自然治癒の力を呼び起こし、体の中の働きを高め、元気を呼び覚ます方法である。愉気はもともと、気を輸る(送る)という意味であり、「輸気」と表記されていた。しかし、雑念や心配の気持ちを気に乗せて相手の身体に送るべきではなく、明るく、澄んだ、陽気な、愉(たの)しい気を相手に伝えていこうとする考えから、「愉気」に改められたという。また、心を静めて澄み切った心境(天心という)で、気になる処や引かれる処に、ただ、軽く掌を当てながら「愉快な気分で」「気をおくる」のが、愉気のコツであるという。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%84%89%E6%B0%97%E6%B3%95

Twitterのタイムラインは、ネガティブな情報も流れてきます。自分の気持ちが充実しているときは、スルーできても、疲れているときなど自分のパワーが落ちているとネガティブな情報にスーっと引き寄せられていきます。

これはとても不思議なことなのですが、同じ波長なのでしょうね。共振してしまうのだと思います。ネガティブのスパイラル。

量子力学の話を思い出しました。

今度ちゃんと読んでみたいと思っているのですが、どの本が簡単かなぁと思って探しているところです。

例えばこんな内容。

人間の肉体を含め、この世界の物質の元になっているのは量子です。このミクロの世界の現象を扱っているのが、量子力学なのですが、量子の世界では驚くべき現象が確認されています。量子の世界には「量子は波であり、粒でもある」という不思議な現象があります。物理学の世界では「観測問題」と呼ばれているのですが、こんなふうにイメージしてみてください。「だるまさんがころんだ」という遊びがありますよね。あなたが「だるまさんが~」と言って、壁側を向いて量子を見ていない時には、量子は「非物質(波)」の状態です。一方で、「転んだ!」と振り返って、量子を見ている時には「物質化(粒)」しています。にわかには信じられないかもしれませんが、このように量子には「物質」の時と、「非物質」の時があって、人の意識が介在している時は物質化し、人が意識していない時は非物質(波=エネルギー)化しているということがわかっています。これは、あなたの周りの世界は、あなたの意識が作っているということです。

https://shuchi.php.co.jp/article/6226

気持ちが弱っていると、ネガティブな現実を作ってしまうということなのだと思います。

量子は意識がないと物質ではない状態(波=エネルギー)です。量子の「時間」と「位置」は意識によって決まり、物質化します。たとえば、「お金がないなー」という意識であれば、「お金がない現実」が確定しますし、「豊かだなー」という意識であれば、「豊かな現実」が確定します。つまり、意識していることによって、展開される現実が変わるのです。このことを数学的に証明した人がいます。それが驚異的な頭脳で知られる数学者、フォン・ノイマン博士です。ノイマン博士は、人類史上最も頭がいい人物の一人と目されていた人です。ノイマン博士は「量子力学の数学的基礎」という論文の中で、何が「波」の状態の素粒子を「粒」の状態に収束させているのかについては、「自我である」と数学的に結論づけています。ちなみに、量子力学の中で、波(エネルギー)の状態だった素粒子(量子)が粒(物質)になる現象を「波束の収束(収縮)」といいます。要するに、「波」というエネルギー状態だった素粒子が収縮して「粒」になるということですね。つまりノイマン博士は、素粒子を「粒」の状態にしているのは人間の意識である、と言っているのです。

https://shuchi.php.co.jp/article/6226

私が子供のころは、一番小さいものは分子だったのですが、今は素粒子という概念があるのですね。

「心を静めて澄み切った心境で」「愉快な気分で」「気をおくる」と愉快な現実になっていく。

これは、量子力学の話とマッチするなぁと思いました。

自分が愉快であること。とても大切だと思いました。

インスタグラム短歌・狂歌

インスタグラム@imomushikaachanに投稿している短歌・狂歌です。31文字4500首を目指しています。デザイン画像はCANVAで作成しました。

31文字の縛りがあると感情をコントロールしやすいので、 せっせと書いています。

ここに載せたものは以前投稿したものです。

前はこんな気持ちで31文字を作っていたんだなと思うと、短歌・狂歌というのは気持ちの記録になるんだなとつくづく思います。

最近のものはインスタグラムをフォローしていただければのぞけます。ぜひ。

君がいた 短歌
お互いに 短歌
真っ白に 短歌
大切に 短歌
湧き上がる 短歌
アワダチソウ 短歌

それでは、おやすみなさい。