「シラネアオイと山菜さんぽ」

 「シラネアオイと山菜さんぽ」

こんにちは!

イモムシカアチャンです!

しあわせな気持ちになる動画編集にチャレンジしています。
今回は、ビデオカメラで撮影しパソコンで編集した動画、スマホで撮影してスマホのアプリInshotで編集した動画の2本です。
1分以上の動画です。
YouTubeに投稿するので16:9の画像サイズにしましたが、IGTVにも同じものを投稿しています。

IGTVは横型にも対応した?

以前、IGTVは縦型サイズだから、16:9を横向きにして投稿したら見ている人がスマホを横にして見てくれるんじゃないかしら?ということで実際にやってみました!と紹介しましたが、その後、横向きにしなくてもまったくそのままでも投稿できることが判明しました。

以前は、両サイドが切れていたのに、切れずに投稿できました。
画面の上と下が真っ黒になり、小さい縦横比16:9での再生になってしまいますが・・・。
仕様を変更したようです。(インスタグラム公式ブログは、こちら

スマホを横向きにすれば、全画面表示も可能だそうです。

一安心です。
縦横比を変えて編集しなおすのは、なかなか大変でした・・・。

そこで、カアチャンはふと思いました。
YouTubeとIGTVの違いって何だろう・・・。

IGTVとYouTubeの違いって?

動画編集、超初心者で、かなり稚拙ですが、カアチャンなりに考えてみました。
というより、カアチャン自身が、IGTVとYouTubeの使い分けについて、かなり混乱しているので、頭の中を整理したくなりました。
おつきあいください。

動画を見るだけの人には、チャンネルが違うくらいの感覚なのかもしれませんが、YouTubeは動画を見ている途中に広告が入ります。
ちょっと邪魔だなと思うときもありますよね?

カアチャンはいつもスキップしちゃいます。(ごめんなさい)

YouTubeは、動画を作っている人でチャンネル登録者数の多い方は、広告収入を得ることができます。
IGTVでは今のところできません。

では、動画を作って投稿する人にとっては、IGTVとYouTubeと何が違うのでしょうか?

YouTubeは、例えば、トオチャンネルを知らない人でも、「タイトル名」や「タグ」で検索できるように、おすすめ動画に表示されるように工夫します。

IGTVの検索は、ユーザー名の一覧が表示されるだけ。
投稿するときの設定画面に、タグの欄がそもそもありません。
この人の作った動画が見たい!という人のための検索になっています。

それから、「ピザ」の動画が見たいなと思ったら、検索欄に「ピザ」と入力すると思うのですが、IGTVの検索では、ユーザー名に「ピザ」の文字が入っている一覧が表示されますので、 「ピザ」の文字が入っているユーザー名の方はたいていピザやさんだったりしますが、 必ずしもピザの動画が見られるとは限らないというのも特徴です。

けれども、IGTVに投稿すると、Instagramのフィードにも同時に投稿できるので、Instagramのフォロワーの方には間違いなく届きます。

Facebookにも同時に投稿できるので(カアチャンはやったことがありませんが、IGTVに投稿するときにFacebookにも投稿するボタンをONにするとできるはずです)、Facebookの友達にも間違いなく届きます。

知らない人に見せる動画ではなくて、知っている人に見せる動画に強いのが、IGTVなんだなと思いました。

つまり、IGTVは、普段はInstagramのフィードやストーリーズやハイライトで、ハッシュタグを使って拡散しながら、多くの方に知ってもらって、フォロワーを増やして、コミュニケーションを活発にし、IGTVの動画を投稿したときに、しっかりと見てもらうというような使い方ができます。

逆に、YouTubeは、知らない人に知ってもらえる可能性のある動画、という一面もあるということです。(広告収入を得られるようになるまでの道のりは相当長いので、カアチャンはあまり期待していません)

ブランドの価値を高めながら、ファンを増やして、コミュニケーションしながら、商品やサービスを販売していくという点で、InstagramとIGTVとFacebookの組み合わせはかなり強いな、と感じました。

知っている人に届ける映像は、IGTV。
知らない人に知ってもらえる可能性のある映像は、YouTube。

カアチャンは、ちょっと意識して動画を作っていきたいと思います。

それでは、ビデオカメラで撮影した「一緒にシラネアオイと山菜さんぽ(2分58秒)」です。
笑って納めてください。

それでは、おやすみなさい。